岩盤浴とは



体の芯から温まる、湯を使わない温熱浴。

お地蔵さん

岩盤浴とは、ブラックシリカや天照石などの天然石や岩石を温めて、その温まった石の上にそのまま横たわる、水(湯)を一切使わない温熱浴のことを指します。
それはまさに「お湯を使わないお風呂」。
温かな石の上にごろんと横になるだけで、信じられないほどの汗が出ますし、また、ブラックシリカなどの石からの遠赤外線効果で、からだの芯からほっかほかに温まることができるのが特長です。


岩盤浴と高温サウナとの違い

岩盤浴が「お湯を使わないお風呂」であると表現しましたが、それは日本でよく見られる、一般的な高温サウナとは環境が全く異なります。
当岩盤浴室での浴室内の室温は40〜42度、湿度は65%前後をキープしており、いわゆる家庭の浴室なみの室内環境になっています。これは、一般的な高温サウナと違い、室温がむやみに上がっている訳ではないため、サウナの熱気が苦手な方でも、ゆっくり快適にご利用いただけます。


不思議な効能

石から放出されるたくさんの遠赤外線とたくさん体内に取り入れたマイナスイオンの相乗効果により、岩盤浴では高温サウナのような室内環境ではないのにかかわらず、快適に大量の汗をかくことができます。たくさんの汗をかくこと、特に後述する「皮脂腺からの汗をかくこと」は、体の新陳代謝を高めるため、最も効果的な健康法の一つであると言えます。
ダイエットを実行する上でも代謝の良さが重要なことは明らかです。代謝が良く、効率良くエネルギーを燃焼できる身体こそが現代人に求められる理想の身体です。

その静けさと暖かさに癒されながら、石の上で目を閉じ、寝ているだけで気がつくと汗がびっしょり。入浴後は温まった身体と、運動後のような心地よい爽快感を感じられることでしょう。

岩盤浴室 高知店の願い

この岩盤浴を繰り返しご利用いただき、良い汗をかく習慣ができると、身体に良い様々な効果が現れます。
地域を愛する「岩盤浴室」だからこそ、地域の皆様にもっと健康な身体を手に入れて頂きたい。
岩盤浴で心も身体も癒されて、皆さんの明日からの活力の源になりたい、と「岩盤浴室」は願っています。


一目でわかる岩盤浴の効果


■血液さらさら効果

血液さらさら効果

細胞の活性化は新陳代謝を促し、体内の老廃物を排出することになるので、岩盤浴は幾重にも素晴らしい効果が得られます。

■遠赤外線をサーモグラフィーで見る


このように、サーモグラフィーで見ると、体の内側からじっくりと温まっているのがよくわかるかと思います。サウナなど、体の外側から熱を加えるのとは根本的に異なります。

↑「発汗してキレイになる本」より(医学博士 五味常明/監修)は岩盤浴室おやすみどころ(休憩室)にも置いてあります。ぜひ一度御覧下さい。


■岩盤浴で効果が期待できる病例

*腰痛・肩こり・神経痛・むちうち症・不眠症・自律神経失調症などの緩和
*冷え症・五十肩・筋肉疲労・更年期障害・精力減退などの改善
*皮膚の老化防止・肌荒れ・皮膚疾患の改善・アトピー性皮膚炎アレルギー体質の改善
*美容効果・ダイエット効果・疲労回復・ストレス解消
*糖尿病など生活習慣病の予防


天然のローション

岩盤浴で出る汗は通常の汗とは異なります。汗は通常皮膚で温度を感じて発汗しますが、岩盤浴の場合は遠赤外線の「身体の芯から温まる」ことで脳の温度センサーが発汗を促します。

これにより普段はかかないような、とても細かくさらさらな汗が出てきます。これは、高温のサウナやに運動などで出る「汗腺」から出る通常の汗とは異なります。その汗は、ベトつかず塩っぱくないサラサラのもので、皮膚のより深い皮脂部「皮脂腺」から大量に出ています。

この皮脂腺から出る汗には保湿効果があるといわれ、お肌をしっとりさせる働きがあると言われています。これぞまさに「天然のローション」。たくさんの皮脂腺からの汗をかいたあとのお肌はつるつるすべすべで、女性のお化粧のノリも違ってくるはず。

また、人間の体内では常に水分が大きな固まりになろうとする特性がありますが、岩盤浴のマイナスイオンはこの体内水分を細かく分解する働きがあり、こちらもさらさら汗に大変効果があります。

岩盤浴でさらさら汗をかいたら、ぜひ洗い流さずにお帰り下さい。


岩盤浴のルーツ
Copyright(C)2007-2008 BGM KOCHI,Inc All Rights Reserved.